あさドラ!スピリッツ(浦沢直樹/漫画)8話のネタバレ・あらすじと考察、感想!

「週刊ビックコミックスピリッツ」
9号(2019年1月28日発売)の

「あさドラ!」第8話
~ツメアト~を読んで
みました。

アサは、おっちゃんの操縦する
飛行機に乗り、

おにぎりを持って被災地へ
飛び立ちました。

風船を使った「おにぎり投下作戦」
はたして上手くいくのでしょうか?

 

以下ネタバレを含むので、まだ読んで
ない方はご注意ください。
スポンサードリンク

『あさドラ!』8話のざっくりあらすじ

 


おにぎりを積んだ飛行機に
乗り込んだアサ。

 

飛行機が空に飛び立つと
「わー!!
どえりゃーでかんわ・・・」

横を飛んでいるカモメを見つけて
「あたし鳥だわ おっちゃん!!」
と興奮気味。

 

「遠足気分で浮かれてんな
バカ!!」
とおっちゃんに怒られ、ボンベで
風船を膨らまし始めます。

 

上空から見下ろす港の被害は
想像以上にひどく、

どこから海でどこから陸だか全く
分かりません。

 

飛行機の高度を下げると、屋根の
上に避難している人たちが

助けを求めて手を振ってきています。

 

まずは膨らました5個の風船を
一束にして、

おにぎり2個を括りつけ、
おっちゃんの「投下!」の合図で
アサが「ふうせんおにぎり」を
落とします。

が、風に流されて海に落ち失敗。

 

これで感覚がつかめた
おっちゃんは、

2度目から外すことなく次々に
被災者達にに命中させました。

 

積んでいるおにぎりが
なくなったので、

きぬよの店に取りに戻り、
また飛行機に乗ったところ、

形相を変えた警官が怒鳴り込んで
きました。

 

公道に飛行機を着陸させていると
通報があり、駆けつけてきたようです。

 

ところが
「やかましいね!!
こんなところでガタガタ言ってる
ヒマがあったら、とっとと
港へ行って救助活動しといで!!」

と、きぬよに一喝され、更には
おにぎり部隊のおばちゃんたちにも
睨まれ怯む警官。

 

その隙におっちゃんとアサは
空に飛び立ちます。

 

その後も順調におにぎりを
投下させていきますが、

被災者の数が多すぎてキリが
ありません。
スポンサードリンク

あさの家はどうなった?

おにぎりが残り2袋になった時、
おっちゃんは アサの家がどこに
あるのか訊ねます。

 

「南区の柴田西」と答えるアサ。

 

「まさかこのあたりじゃ
ねぇだろうな・・・」
とおっちゃん。

 

見下ろすと、
辺り一面材木だらけの光景が
広がっています。

 

とてつもなく大量の材木に
殆どの家が潰されてしまい、
見えなくなっていました。

 

そこは、
明らかに他の被災地とは違う
異様な光景。

 

そして、
不自然なくらい人が1人も
見当たりません。

 

原因は、湾岸地区にあった
いくつもの貯木場。

 

台風の高波で崩壊して
大量の材木が一気に住宅地を
襲ったのでした。

 

「ウチを探さにゃーと!!」
と焦るアサですが、

どこもかしこも同じ風景。

 

「なにか目印はないのか」と
おっちゃんに聞かれます。

 

そういえば家から歩いて10分ほどの
場所に、銭湯の煙突があったと
思い出すアサ。

 

銭湯の名前は「多幸の湯」

煙突に描かれたタコの絵が目印です。

 

探すとすぐに「多幸の湯」の煙突が
見つかりました。

煙突は倒れていなく、
真っ直ぐに立っています。

 

その近辺に家があるはず。

探しますが、材木だらけで全く
分かりません。

 

すると、「なにあれ?」

アサの家付近に大きな
水たまりのような池のような・・・

 

よく見ると何かの足跡?

「なんだね あれは!!」
スポンサードリンク

大きな足跡のようなものは?海の鳴き声の主と関係ある?

アサが見た巨大な何かの足跡は
何なのでしょうか?

 

伊勢湾台風に始まり、
おにぎり作りのエピソードなどで
でうっかり忘れかけていましたが、

1話、3話で聞こえた
「アンギャ―!」という謎の
鳴き声。

 

そして1話の2020年に街を襲った
謎の巨大生物(?)

 

これらと関係ありそうです。

 

それに
謎の生物の足と足跡、
形が似ていますし。

さいごに

おにぎり投下作戦、
上手くいったようで良かった
ですね。

 

曲者だと思っていたきぬよですが、
アサの家のことを気にかけて
いたり、

警官を追っ払ったりして
くれたりで、

見た目によらず(?)
いい人でした。

 

謎の足跡らしきものですが、
本当に足跡ならば、
1個だけだと不自然ですよね。

いくつもあるのでしょうか?

 

その謎が解明されるのは
まだまだ先なような気がします。

 

コメント