あさドラ!スピリッツ(浦沢直樹/漫画)5話のネタバレ・あらすじと考察、感想!

「週刊ビッグコミックスピリッツ」
1号(2018年12月3日発売)の

「あさドラ!」第5話
~高潮~を読んでみました。

 

嵐が激化し、コンテナの中で一夜を
明かしたアサとおっちゃん。

 

台風が去り、翌朝コンテナからから
出た二人が目にしたものは、
想像を絶する光景でした。

 

呆然と立ちすくむしかない
2人でしたが、

その後どうやって陸に上がったの
でしょうか?

 

以下ネタバレを含むので、まだ読んで
ない方はご注意ください。
スポンサードリンク

『あさドラ!』5話のざっくりあらすじ

 

無料で『あさドラ!』5話を読む!

3話でチラリと登場した社長さん、
覚えていますか?

 

おっちゃんに「免許を持ってくれば
いつでも雇ってやる」
と言い放った社長さんです。

 

その社長さんの一言がなければ、
おっちゃんは泥棒に手を染めな
かったかもしれないのに・・・。

 

とまぁ、それは置いといて、
話はその社長さんの電話のシーン
から始まります。

 

電話の相手は社長専属のパイロット
からでした。

 

出社時間になっても来ないので
社長さんはずっと飛行場で待たされ
カンカンです。

 

大事な取引を控えていて、午後までに
広島に行かなければいけない為、
相当苛立っています。

 

電話口でパイロットは、昨夜の台風で
家が流されたと説明しているよう
ですが、
それを聞いて社長はさらに激怒!

 

「遅刻の嘘でももう少しマシな
嘘を付け!殺すぞ!コラァ!」

と電話をガチャ切り!

 

リアルタイムで情報が行き交う
今の時代からしたら考えられませんね。

 

舞台は昭和34年、情報がとても遅く、
社長は台風の被害を知らなかったのです。

 

その後、ラジオで伊勢湾台風の甚大な
被害を耳にした社長。

唖然とします。

 

 

アサとおっちゃんの場面に
切り替わります。

 

貯木場が高潮で崩壊し、材木が折り
重なるように辺り一面に浮かんで
います。

 

周りの家々は凶器と化した大量の
材木に無残にも潰されていました。

 

南区の海沿いに家があるアサは
取り乱し、

家があっちにあるかもしれないと
不安定に折り重なる材木の上を
走り出します。

 

あぶねぇ!と止めるおっちゃん。

 

景色を見渡し、
こりゃどうしようもねぇと肩を落とし
ます。

 

「勇者が諦めるんか!!」

泣きながら怒るアサ。

 

そこでおっちゃんのスイッチが
入りました。

 

おっちゃんにある考えが浮かんだの
です。

 

畳をいかだにし、陸に向かって進む2人。

 

水没した屋根の上で助けを待つ人々が
沢山いました。

 

途中、車の屋根の上で赤ちゃんを抱えて
身動きの取れなくなった親子を
助けたりして、
何とか陸に上がることが出来ます。

 

家の下敷きになっている人が沢山いる!
もっと警察を呼んでこいと怒鳴る男。

警察は船をよこせと言いますが
流されて一隻もありません。

 

辺りは混乱を極めていました。

 

それらを横目に、乗り捨ててあった車を
拝借し、
おっちゃんはアサを乗せて走り出します。

 

「飛行場へ全速前進!」
スポンサードリンク

おっちゃんの向かう飛行場って?

最終ページで「飛行場へ全速前進!」
と、おっちゃんは車で走り出しましたね。

 

もしかして、最初に登場した
あの社長さんの飛行場へ向かうので
しょうか!?

 

目の前に広がる悲惨な光景を目の当たり
にし、

最初は
「どうしようもねぇ」と無気力になって
いたおっちゃんでしたが、

アサが涙ながらに訴えるあるセリフに
ヤル気スイッチが入りました。

 

そのセリフとは、

「おっちゃんは、戦争でみんなを
生きて帰らせた、勇者でしょうが!」

「勇者があきらめるんか!」

 

スイッチの入ったおっちゃんは
顔つきが変わります。

 

「俺が勇者になるのは、操縦桿を
握ったときだけだ。」

「戦時中、生き残った奴はただ生きる
ことだけを考えた。
決してメソメソなんかしなかった。」
とアサに向かって、もう泣くなと
言います。

 

その横顔がめちゃカッコいい!

 

ねずみ男の風貌のおっちゃんが
男前に見えるなんて!

 

操縦桿を握ったら紅の豚か、
はたまたトム・クルーズに
見えちゃうかも。

あ、
トップガンの
トム・クルーズね←古い?

 

おっちゃんは時々いいこと言うので、
今度おっちゃんの名言集まとめて
みようかな?

おっちゃんの乗った車はダイハツ「ミゼット」?

「飛行場へ全速前進!」なんて叫んで
ますが、
おっちゃんの拝借した車の車種って
何でしょう?

 

調べたところ、ダイハツ「ミゼット」
っぽいですね。

 

「ミゼット」はダイハツ工業が1957年
~1972年まで生産・販売していた車で、
エンジン排気量は360cc。

 

安定感が悪いという欠点はあるものの、
スピードさえ出さなければ小回りも
利いて、頑丈で安かったということで
爆発的に普及したんだそうですよ。

 

目指す飛行場はどこだか分かり
ませんが、

長距離に向いていなくて、
安定感が悪くて、
そんなにスピードが出ない
「ミゼット」。

 

ちょっと不安が残ります。
スポンサードリンク

さいごに

目指す飛行場があの社長のところ
だとしたら、

社長さん、がめつそうだし
人助けの為になんて簡単に飛行機を
貸してくれそうもありません。

 

がめついとか抜きにして、ねずみ男風の
怪しい男がいきなり飛行機貸してくれっ
て言っても普通貸せませんよね。

 

どうやって交渉するんでしょうか?

 

社長は広島で大事な取引があると
言っていました。

 

交換条件として、取引に間に合わせたら
貸すって言ってくるかも。

 

おっちゃんは口下手であの風貌だし、
交渉は下手そうです。

そこは、アサが上手く切り抜けるの
ではないでしょうか?

 

次の展開が楽しみです。

 

無料で『あさドラ!』5話を読む!

コメント