あさドラ!(浦沢直樹)1話のネタバレ・まとめと考察、感想!

「週刊ビッグコミックスピリッツ」
45号(2018年10月6日発売)で

浦沢直樹先生が新連載をスタート
させました。

 

スピリッツでは『20世紀少年』
完結以来11年ぶりの連載なんだとか!

 

『20世紀少年』からもう11年も
経ったんですね。

時が経つのは早いな~。

 

漫画のタイトルは
連続漫画小説『あさドラ!』

 

「NHK連続ドラマ小説 朝ドラ」
っぽいタイトルですね。

 

早速『あさドラ!』第1話
~嵐を駆ける少女~を読んでみました。

 

以下ネタバレを含むので、
まだ読んでいない方はご注意ください。
スポンサードリンク

『あさドラ!』1話のざっくりあらすじ

 

無料で『あさドラ!』1話を読む!

舞台は2020年東京。

皆さんご存知、
東京オリンピックの年ですね。

 

プロローグは、東京が怪獣らしき
ものに攻撃されて
火の海になるシーンから始まります。

 

建物は破壊され、混乱の中逃げ惑う人々。

 

このままでは、新国立競技場
までもが踏みつぶされそうです。

 

そして、時はさかのぼり1959年。

 

舞台は愛知県名古屋市。

 

台風が迫る中、雨の中を
主人公アサが名古屋港を走ります。

 

そんな悪天候の中、
走って向かう先は「田中産婦人科」

 

病院に到着し、母親の陣痛を医者に伝え、
その帰りに誘拐されてしまいます。

 

監禁されたのは、
港近くの倉庫らしき場所。

 

誘拐犯はアサが金持ちの娘だと
勘違いして誘拐しましたが、

それが勘違いだと分かり泣いて
しまいます。

 

そんな中、雨風は激しさを増し、
波は大荒れ。

 

そして、
海のかなたから

「アンギャアァ」
と何かの泣く声が!!

 

『あさドラ!』の登場人物

主人公はもちろん、
今回は登場した人全員まとめてみました。

 

今後、主要人物になるかも
しれないですからね。
(家族ときょうだいは、次の項に
まとめてあります)

 

浅田アサ

『あさドラ!』主人公

12歳で小学6年生。

 

大家族の娘で存在が薄いのか、
みんなに名前を間違えられる。

 

マラソンでオリンピックを
目指す正ちゃんを楽に追い抜く
足の速さ。

 

産婦人科から家に戻る途中、
誘拐されてしまう。

 

正(しょう)ちゃん

アサの1つ年上の中学1年生。

マラソン選手だった兄が2人いたが、
戦争などでオリンピックの夢は叶わず。

 

父親の期待を一身に受けて、
5年後の東京オリンピックに向けて
マラソンの練習に明け暮れる毎日。

 

名古屋港から小牧グランドに向かう
練習中、アサに出くわすが
途中で見失う。

 

アサを誘拐した犯人

医者の娘と思ってアサを誘拐するも、
勘違いだと分かり号泣。

 

抵抗したアサに手を噛みつかれ
血だらけになっても反撃せず。

 

アサにおにぎりを用意するなど、
本当は心優しいおっちゃん?

 

よっぽどの理由があって誘拐に
手を染めることになったのでは。

 

田中産婦人科の先生

本気か冗談か
「台風来てるし、お母ちゃんなら慣れ
てるし一人で産めるか・・・」と

アサの依頼を断ろうとする
マイペースなおじいちゃん。

 

通りすがりの
石原裕次郎大好き青年

歌は裕次郎しか興味がない。

 

カーラジオから偶然流れる
♪Because I Love You~♪にも
全く興味を示さず、

曲名が気になるアサを無視して
立ち去ってしまう。
スポンサードリンク

アサの家族構成ときょうだいは?

浅田家は大家族で家族には度々
アサの存在を忘れられてしまって
いますね。

 

いったい家族は何人いるので
しょうか?

 

家族構成ときょうだいをまとめて
みました。

次の通りです。

 

父親

台風に備えて、家の窓や入り口を
板で塞ぐが、
アサがいないことに気づいていない。

 

全部塞いで自分が中に入れなく
なりそうになる。

父ちゃんって、そそっかしい?

 

母親
陣痛が来て出産間近。
1話では登場なし。

出産は自宅ではなく
吉岡のバァチャン
(親戚?ご近所さん?)のところ。

 

兄弟 7人
(内訳や名前は不明)

 

姉妹 アサ含め5人

長女⇒ヤヨイ

次女か三女⇒サツキ

次女か三女⇒ムツキ

四女⇒アサ

五女⇒?

 

ということで
家族構成は、父と母、
そして子供が12人!

 

これから13人目を出産ってこと
ですね。

 

凄いぞ!かあちゃん!

スポンサードリンク

裕次郎大好きアンチャンのカーラジオから流れていた曲は?

走るアサに遭遇する
青年のカーラジオから流れる曲。

 

”どえりゃー好きなんだわ
洗濯しとる時も掃除しとる時も、
これ歌ってるとはかどるんだに。
アイラビュー♪”

とアサは興奮気味。

 

でも曲名は知らないアサ。

 

何って曲なんでしょうね?

『20世紀少年』のケンヂが歌う
「ボブレノン」のように

オリジナル曲なのかと思って
いましたが、
どうやら違うみたいですね。

 

どうも
1952年2月に飛行機事故で亡くなった
バディホリーの
「Because I Love You」という曲が
有力みたいです。

 

「Because I Love You」は
こんな曲でした。


フムフム・・・

アサが「一度聞いたら耳から離れない」
と言っていた通り、

♪I Love You~♪連発してますね。

ゆったりテンポの素敵な歌です。

さいごに『あさドラ!』感想と考察

1959年の大型台風といったら
やっぱり伊勢湾台風?

 

ウィキペディアによると、
伊勢湾台風とは

1959年(昭和34年)9月26日に潮岬に上陸し、紀伊半島から東海地方を中心とし、ほぼ全国にわたって甚大な被害を及ぼした台風である。伊勢湾沿岸の愛知県・三重県の被害が特に甚大であり、「伊勢湾台風」と呼ばれることとなった。

とあります。

 

犯人のおっちゃんは悪い人では
なさそうなので、

アサが傷つけられる心配はなさそう。

 

それよりも倉庫が台風で破壊されて
しまうのでは?という心配の方が
強くなりました。

 

早く避難しないと危険!!

おっちゃんとアサ、早く逃げて!

 

ところで、
台風が伊勢湾台風だとすると
生まれてくるアサの妹か弟、

9月生まれってことになりますかね。

 

上3人の姉が、
ヤヨイ(3月)サツキ(5月)ムツキ(1月)
なので、

もし女の子が生まれたら
ナガツキ??

 

語呂が悪いのできっと違うで
しょうね。

 

アサの妹の名前も今のところ
不明なのも気になるところです。

 

これだけきょうだいが多いと
双子も混ざっていそうですね。

 

海の方から聞こえる
「アンギャアァ」という泣き声の
正体も気になります。

 

もしかして2020年に大暴れする
怪獣が誕生したときの泣き声?

 

アサの耳にはその泣き声は2度届いて
いましたが、

他の人も聞こえていたのでしょうか?

 

物語冒頭のカラーページには

“この物語は戦後から現代にかけて、
可憐にたくましく生きた名もなき
女性の一代記である”

とありました。

 

戦後(1959年)アサは12歳。

それから現代(2020年)は73歳に
なっているアサの一代記。

 

アサに特別な能力があるとか?

足が速いということくらいしか、
今のところ分かりませんが・・・

 

一見普通の女の子が、
ジャンヌダルク的な何かを
成し遂げるのでしょうか?

 

ん~・・・

予想がつきません。

2話を楽しみに待つとしましょう。

 

無料で『あさドラ!』1話を読む!

コメント