あさドラ!スピリッツ(浦沢直樹)13話(2巻)のネタバレ・あらすじと考察、感想!

「週刊ビックコミックスピリッツ」
31号(2019年7月1日発売)の

「あさドラ!」第13話
~誕生の日~を読んで
みました。

 

操縦が出来なくなった
おっちゃんに代わり操縦桿を握る
ことになったアサ。

 

天才的なカンの良さを発揮し、
イメージ通りに着陸に成功!!!

・・・と思った瞬間、目の前に
トラックが横切ります。

 

ぶつかるーーーー!!!

 

以下ネタバレを含むので、まだ読んで
ない方はご注意ください。
スポンサードリンク

『あさドラ!』13話のざっくりあらすじ

 



ぶつかるーーーー!!!

と皆が叫んだ瞬間、寸前で飛行機は
上に旋回し、

危機一髪衝突を回避します。

 

さすが春日!!!

と、きぬよ達は喜びますが
双眼鏡で見ていた警官が

「あのオヤジ気絶しとった・・・」

と呆然としています。

 

っていうことは、
誰が操縦していた?

まさか?

 

そして二度目の挑戦で無事に着陸に
成功し、皆がアサに駆け寄ります。

 

ぐったりして動けないおっちゃんは
警官により病院へ運ばれ、

アサはずっと我慢していたと
店のトイレに向かいます。

 

その時、アサがレインコートの中に
何かを隠していることに気付くきぬよ。

 

その後、一人店に戻ったきぬよは、
カウンターでアサの置手紙を見つけ
動揺します。

 

いっぽうアサは、
店のトイレを借りるふりをして、
ある所に向かいました。

 

それは飛行機の持ち主である
社長の事務所でした。

 

レインコートに隠していたのは、
飛行機に積んであった

あのカバンですね。

 

そう、あのカバンには怪しい
白い粉がパンパンに入っています。

 

小牧飛行場にある事務所に入ることに
成功したアサは、

カバンを社長に突き付け

「この中身が欲しかったら、
飛行機と交換してちょ!!」

と交渉を持ちかけます。
スポンサードリンク

その日はアサの誕生日。欲しい物がまさかの!?

予想外のトラック出現により
1度目の着陸に失敗したアサ。

 

しかし焦るどころか余裕の表情。

 

後ろの席でおっちゃんが気を失って
いるのを、知ってか知らずか
話を始めます。

 

アサの家は大家族で、いちいち
誕生日会なんてしないこと。

 

プレゼントなんかよりも家族が
食べれて仲良くしていることが
大事だと思っていること。

 

いつもなら自分の誕生日なんて
忘れてしまっているが、

なのに今日は思い出してしまった。

「今日あたしの誕生日だわ・・・」

 

そして生まれて初めて
誕生日プレゼントで欲しい物が
見つかった。

「この飛行機が欲しいって思ったわ」

アサが図書室で読んだ昔話の題名は?

話しは以前学校の図書室で読んだ
昔話に移ります。

 

アサの話から察するに、それは
松谷みよ子著の「龍の子太郎」だと
思われますが、

調べてみるとこれは1960年に
発表された物語でした。

 

アサの生きる時代は伊勢湾台風が
あった年なので1959年。

 

時代は前後しますが、
そこはフィクションなので
たいした問題ではないですね。

 

その「龍の子太郎」っぽい物語の
クライマックス、

母親である龍が息子を背に乗せて
大空を飛ぶシーンを思い出し
アサは涙ぐむのでした。

ところで正太少年は?

アサの安否が心配で
小牧運動場から脱走した正太。

 

案外あっさりアサを見つけ
ましたね。

 

でもまさか飛行機操縦してたなんて。

口あんぐり ですよね。

 

飛行機から降りてきたアサに声を
掛けようとしますが、

アサは正太のことに気が付かず
どこかへ行ってしまいました。

 

正太は、
「俺もおみゃーにまけとりゃーせんわ」
と、東京オリンピックに向けての
決意を新たにし

小牧運動場に戻るのでした。
スポンサードリンク

さいごに

今まで気を失っていた
おっちゃんですが、意識が戻った
瞬間がありましたね。

 

それは、アサが飛行機が欲しいと
語るシーン。

 

独り言にも似たアサの話でしたが、
遠のく意識の中ガツンと心に響いた
のでしょう。

「今から言うことよく聞け」

「この飛行機が欲しいなら・・・」

 

おっちゃんがアサに何を話したのかは
不明ですが、

その後飛行機の持ち主である社長の
ところに乗り込んだことと
無関係ではないでしょう。

 

アサのカードは白い粉

 

これを使って飛行機を手に
入れる算段の様ですね。

 

社長が子供相手にどこまで
相手にしてくれるか。

 

鼻で笑って、力ずくで奪おうと
思えば奪えますし、

なにしろ拳銃を持ってますから
圧倒的にアサが不利です。

 

賢いアサのことですから、
そこら辺は対策済みでしょう。

 

きっと、きぬよに残した置手紙が
切り札なんだと思いますよ。

 

無料で『あさドラ!』13話を読む!

コメント